パイロット不足によるリスク

“パイロットは子どもたちの憧れの職業であり、多くの人がなりたいと希望をしている職種でもあります。
そんなパイロットの現場において今問題になっているのが乗務員が不足するという問題です。乗務員1人を育成するのには多額の費用がかかります。さらに多くの国家資格を保有しなければいけなかったり、身体検査に合格をする必要があります。
一方で、格安航空会社が世界中に増え航空会社と機体の増加に伴って深刻な問題になってきているのがパイロットの不足問題です。乗務する人が少なくなったり、乗務回数が増えると過労によるヒューマンエラーなどのリスクを伴うことになります。飛行機の世界でのミスは大事故に繋がる恐れがあるために、パイロットの不足問題は大きな社会問題になりつつあります。
そこで航空各社でもしっかりとした技術を持つ乗務員を確保し、事故などのリスクを回避するために定年制の延長や乗務員の育成拡大をするなどの対策を打ち出しています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です