パイロットの不足が深刻な状態に 増加のためには何が必要か

“空の旅は身近なものになりました。日本でも多くのLCCが運航を始め、気軽に飛行機を利用できるようになっています。しかし、航空業界ではパイロット不足が深刻化しています。2030年には、世界の現役のベテラン機長の引退やLCCの更なる増加、グローバル化による路線や運航数の増加に伴い、中国・インドを中心にアジア・太平洋地域で30万人のパイロットが不足すると言われています。アジアだけを見ても現在の約4.5倍に当たる23万人が必要とされるようになるのです。
現在、一人のパイロットが操縦桿を握れるのは1機種のみです。1人で別の複数の機体を操縦することができないのです。新しい機種を操縦するときにはまた訓練が必要になるため、機種の数だけライセンスが必要となるのため、大手の航空会社でも人材不足が問題となっているのです。そのため、若い世代の育成が急務となっています。
日本では養成コースのある大学や養成学校、航空大学校という専門教育機関で訓練を受けなければなりませんが、その入学倍率は高くパイロットになる道は以前と変わらず厳しいと言わざるを得ません。2年間の訓練を行った後は9割を超えるという高い就職率を誇っています。多くの人の命を預かる仕事です。訓練は易しいものではありません。しかし人員不測の今、空の仕事への道は大きく広がっているとも言えます。養成機関への入学には年齢の制限もありますが、一度でも空の仕事を目指したことのある人には再びその道が開けていると言えるのではないでしょうか。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です