不況でも高収入が見込めるパイロットが不足している理由

“子供たちのあこがれの職業と言えばパイロットがあります。高度な操縦技術が必要とされるだけでなく、語学力や精神力も必要な職業ですが、収入が高いというメリットもあります。平均年収は1200万円という調査結果もあることから、長く続いた不況によって年収が下がった人が多い中でも高い水準をキープしている職業と言えるでしょう。
近年はパイロット不足とされており、世界中で人材の獲得競争が起こっています。日本でも2030年頃の一斉退職を前に、若手の養成が急務となっています。人材不足の原因はLCCの登場で、運行数が増加したことによってパイロットの需要が高まったことが要因です。また、機長になるまでには10年程度のキャリアが必要であることも養成が遅れている理由で、特に日本では諸外国よりも厳しい基準をクリアしなければ機長になれないことから人材不足に陥ってしまったのです。
航空会社や国土交通省も対策を行っており、大学での養成課程を増やすなどの対策が行われています。不況下においても高収入が期待できる職業としてパイロットが注目され始めています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です