パイロット不足で売り手市場に

“近年の格安航空会社の登場によって飛行機の運行数が急増しています。その結果としてパイロット不足が深刻な状態となり、パイロットは売り手市場と言える状況です。大学に養成課程が新設されるなど、対策が行われており注目されています。
高収入が見込めるパイロットが不足した要因の一つは養成に時間がかかることです。特に日本は外国よりも高い規制をも設けているいるため、機長になるためには10年以上のキャリアが必要です。養成には莫大な費用も必要になることから一度に大人数を養成することが出来ず、多くの機長が50代以上ということになってしまっているのです。
パイロットは高い専門性と語学力、判断力などが必要な職業のため、これまでは選ばれたごく一部のエリートだけが選択できる職業でした。しかし売り手市場の今はそのハードルが少し下がっていると言えるでしょう。この機会を生かすことによって憧れの職業に就くことができるかもしれません。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です