パイロット不足で軍人採用

“世界の空には数多くの航空機が飛び交っています。近年は格安航空会社のブームもあって世界各国で新しい航空会社が誕生し、それに伴って乗務員の準備やフライトアテンダントの採用などを行っています。
そんな航空の世界で今問題になっているのがパイロット不足です。航空会社の数が増えるほど、人材の確保は問題になっていて、特に格安航空会社のように小型機を数多く飛ばすことによって収益を確保するような経営をしているところでは人材不足は深刻な問題です。
そんなパイロット問題を解決する方法として最近注目されてきているのが軍人の採用です。軍人と行っても空軍に所属している人がメインですが、元々空軍でパイロットとして空を飛んでいた人を民間機のパイロットとして再教育をしていくことが注目されています。元々飛んでいたために身体基準や資格を保有していることが多く、民間機へのライセンスの変更だけで済ませることができることから訓練費用が安く済むとして注目されています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です